胸が苦しくなるくらい音楽が好きだということ

それまで好きだったのものが嫌いになってしまうということはとても辛いことだと思います。
当たり前のように毎日触れて、自分の身の回りに溢れていて、そして、欠かせないものだった…
そういうものを、何かの機会に嫌いになってしまったりすると、目の前が真っ暗になるようなそんな絶望を感じたりします。
その昔、私は本当に音楽が好きで、自分で演奏したり作曲をしたり、音楽の仕事がしたいと強く思っていました。
しかし、その道というのは本当に険しいもので、多くの人が途中で諦め、別の道を探していくことになります。
私も、堅実な方の道を選び、そして今に至っています。
少し前までは、昔の自分の曲や、その当時影響を受けていたアーティストの曲を聴くと本当に胸が苦しくなることがありました。
だからこそ、少し音楽を避けていたような時期があったのですが、最近ではちょっと考え方が変わってきました。
聞くと苦しくなるくらい音楽が好きなのだから、やはり、嫌いにならなくても、音楽のことが好きでも良いのではないかと思うようになってきました。ミュゼ vライン 脱毛