あちこちの自動販売機でポカリスウェットが売り切れ

ここ最近、どこの自販機に行っても、ポカリスウェットが売り切れていたりします。
暑い時期には汗を多くかくし、そういうときには、喉が冷たい飲み物を欲しがります。
でも、最近の熱中症患者の増加でテレビなどの放送でしきりに言われているように、こういうときには水分とミネラルの補給が大切になります。
そう考えると、飲み物の選択肢として、ミネラルウォーターやお茶、あるいは炭酸飲料ではなく、スポーツドリンクの需要が上がるのも当然でしょう。
私がポカリスウェットを飲みたくなるように、多分、みんなが同じようにポカリスウェットを買うのかもしれません。
そして、自販機が設置されているというのは、近くにコンビニがなかったりする場所が多いんですよね。
普段は利用者が少ないのかもしれないが、おそらく補充なども毎日やっているわけではないのでしょう。
確かに、汗をかいて喉が渇いているときに、ポカリスウェットの冷たさと甘さはとても気持ちいいものです。
でも、せっかくたどり着いた自販機で売り切れになっている悲しさといったら、言葉では表現できない気持ちになってしまいます。http://www.ooooner.com/musee-senaka.html